40歳を過ぎるころから首イボが出来てきて

放っておいたらどんどん増えてきました。




触るとザラザラで、見た目も汚らしくて

首の開いた服が着られません。



首イボとはなぜ増えるの?



首イボとは、皮膚の老化に伴って、

加齢とともに発生し増加する

ポツポツの角質粒の事です。



老人性いぼ(老人性ゆうぜい)と呼ばれます。



特に夏場の汗をかく季節になると

増えてきます。



一気に増えてくるので

とても心配になりますね。




でも、安心してください。




良性のいぼなので、放っておいても

特に身体に害がでるようなことはありません。



どうすれば首イボが取れるのでしょうか?



すぐに時間を掛けずに除去したいという方に

おすすめしたいのは皮膚科での除去です。




治療方法は液体窒素、ハサミ、

レーザー、電気メスなどです。




小さい首イボの場合は、液体窒素で患部を小さくし、

ハサミで切り落とすなどの処置で

簡単に除去できます。



大きなものになると、

液体窒素治療では傷が残り易く、

傷口が大きくなるため、

手術によって除去しなければならない場合があります。



小さい首イボを取る場合は費用はいくらぐらいかかるの?

液体窒素による冷凍療法では、

数が少ない場合は健康保険3割負担の方で、

だいたい1,000円くらいです。



数が多い場合は健康保険3割負担の方で、

治療費は4,000円くらいからになります。



その他に診断料がかかります。



すぐにでも首イボを取りたい方は

皮膚科や美容整形に相談してみましょう。



 

もっと簡単に自宅で首イボって取れないの?



手術はちょっと怖いかもと言う方は

首、デコルテ専用のクリームで

マッサージをしましょう。



入浴後にたっぷりつけて

首のリンパマッサージをすると

イボが段々小さくなってきて

目立たなくなったと好評です。



私はクリームを手のひらであたためてから

下から上へ優しくなであげてしっかり浸透させます。



最後はリンパを流します。



1週間くらいで首のザラザラが

少なくなって白くなってきました。



首のイボを取るのに

まずはクリームから始めるのも

いいのではないでしょうか!!



首のイボを取るクリームは?