小じわの増える最も一般的な原因は加齢です。




年を重ねるにつれて、肌が薄くなり、

弾力が失われ、肌にしわが生じます。




でも、小じわが増える原因は

加齢だけではありません。

 

小じわが増える原因は?

 

1 紫外線



日光が多すぎると乾燥した肌になり、

コラーゲンやエラスチンが失われる

可能性があります。




その結果、肌がたるんで

しわやたるみが出来始めます。



2 眠る姿勢



ずっと同じ姿勢で同じ方向に顔を向けて

寝ていると、しわが出来やすいです。




あごと頬にしわが増える可能性が高くなります。



3 喫煙



タバコに含まれる多数の化学物質は

体内の生化学的変化を引き起こし、

早期老化につながります。




ニコチンは、特に、適切な血液循環を制限し、

その結果、身体と皮膚を健康に保つために

必要な酸素と栄養素を適量受け取ることが

出来ないのです。



3 顔の表情



肌は筋肉の収縮を覚えているので、

皮膚の下に小さなしわが形成され始めます。




若い時は肌は弾力とコラーゲンが増し、

これらのしわから回復しやすくなりますが、

年齢を重ねると肌はゆっくりと弾力性を失い、

跳ね返らなくなります。




眉間にしわを寄せる癖のある人は

眉間にしわを作りやすくなります。



4 ストレス



ストレスを感じると、ストレスホルモンである

コルチゾールが作られます。




コルチゾールは身体を健康に保つための

必須成分です。




しかし、過剰量では、

大きな損傷を引き起こす可能性があります。



我々が重度の不安とストレスを感じている場合、

体はより多くの量のコルチゾールを産生する。




あなたが一定のストレスを受けている場合、

これらの上昇したレベルのコルチゾンは、

長期間体内に残り、身体のプロセスに損傷を与え、

皮膚の外観に影響を及ぼす可能性があります。



小じわとは、乾燥が原因で表皮部分にできる

細かいしわのことを指します。




他の呼び方は「ちりめんじわ」とも言われます。




小じわは皮膚の表面についたシワですが、

放っておくと皮膚の水分がどんどん失われていき、

しわはだんだんと深くなっていきます。




そして、深いしわへとなってしまいます。




小じわが深いしわになる前に防ぎましょう!



小じわを増やさないためには?






対策として、紫外線から肌を守る、

高すぎる枕を使わない、タバコを控える、

ストレスを発散させるなど

出来ることから始めましょう。




肌に直接的な原因としては

小じわの一番の原因は皮膚内の水分不足です。




30代以上になると、水分量が不足していたり、

角質層の状態が不安定であると

小じわができやすくなります。




紫外線を浴びると、

肌のハリを保つコラーゲンが破壊され、

肌のはりや弾力が失われていきます。




また、夜の洗顔がとても重要になって来ます。




ごしごし洗いすぎると

肌の表面が傷み乾燥してしまうので、

しっかり泡立たせ、やさしく洗顔しましょう。




表皮にできたしわであれば

適切なケアを行うことで

小じわを目立たなくすることが可能です。




保湿力の高い専用の美容液やクリームを利用して、

潤いを取り戻すようにしましょう。




肌の保湿の他に、化粧水を浸透させ、

肌の血流を良くするホットタオルも

おすすめです。




そして、寝室に加湿器を置くと

乾燥を防いでくれます。




小じわが目立たなくなるように

ぜひ試してみて下さいね。


肌に良い食べ物は?



サーモンなどに含まれるオメガ3脂肪酸は

ぜひ取り入れたいです。




栄養を与えて潤いを与え、若々しく、

ふっくらとしたラインを保ちます。



アボカドは必須の脂肪酸、ミネラル、

タンパク質、抗酸化物質の含まれています。



これは皮膚を滑らかでしなやかに保ちます。



ニンジンやトマト、ブルーベリーなど

色のついた食べ物にはベータカロチン、

リコピン、カロチノイドのような

老化防止栄養素、抗酸化物質 、

ビタミン、ミネラルが入っています。



スイカ、キュウリ、グレープフルーツのような

水分豊富な食品もおススメです。



小じわを作らないために表情筋を鍛えましょう



筋肉の緊張を高め、皮膚への血流を促進します。



1 ベロ回しエクササイズ



ベロを回すだけの簡単なエクササイズです。




口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿って

ぐるりと回します。




まずは、左回りに20回、右回りに20回行います。




これをワンセットとして、

1日に3セット行います。




舌を回すことで口の周りの筋肉を鍛え、

血行が良くなり、ほうれい線が目立たなくなります。




これは結構疲れます。



ほうれい線だけでなく、二重あごにも効きますよ!!



2 あいうえお体操



「あいうえお……」と、

50音それぞれの文字ごとに

5秒間口を大きく動かして、

顔の筋肉に力をいれます。




目いっぱいに口を開けたり突き出したりします。




顔全体のたるみのほか、

むくみ改善にも効果を発揮します。



リラックスした状態で行うのがいいので、

入浴中がオススメですよ!



3 ほっぺたふくらましエクササイズ



両頬に空気をいれ、ぷうっと膨らませて

10秒間キープします。




空気を口の奥に送り込むように

口をすぼめて頬をへこませ、

10秒間キープします。




1日に5セットやりましょう。




頬の筋肉を柔軟にして、たるみを予防します。



小じわが増えたと感じたら試してみて下さいね!!



口コミで大人気の

アンデコール高機能美容オイルを

レビューしました!