若い頃には気付かなかったほうれい線

40歳くらいから出来てきました。

 

いつの間にかくっきりとして

50歳の頃には

ブルドックのようにたるんできました。

 



ほうれい線はなぜ深くなって下がるのでしょうか!?



肌に水分が無くなると皮膚はたるんできます。

50歳にもなると、肌の水分量も減少して、

皮膚がどんどん下がってしまいます。

顔の皮膚を持ち上げている筋肉も

緩んで来てほうれい線が出来てきます。

ほうれい線は頬の筋肉の衰えによるたるみが

一番の原因ですが、頬の脂肪がたるんで

下がって行って溝が深くなってしまうのです。




若い人でも、ストレスや睡眠不足、

暴飲暴食などほうれい線ができる原因は様々です。




最近ではパソコンや携帯メールなどによる

目の使い過ぎから、ほうれい線に悩む人が

増えています。



肌質でいえば、脂性の人よりは

乾燥肌の人のほうがほうれい線はできやすく、

太っている人よりは痩せている人のほうが

できやすく目立ってしまうという特徴もあります。




口元にほうれい線が出来てくると、

疲れたように、老けて見られます。



逆に50歳でも口元のほうれい線

無い女性は若々しく見られます。



では、どうしたらほうれい線を解消出来るのでしょうか





ほうれい線を解消するには

何といっても肌にたっぷりと

水分を与えることが重要です。




年齢にあった化粧水と美容液で

しっかりケアしましょう。



コラーゲンなどが配合された

ドリンクなどもありますね。



内側からもケアしましょう。




他にも美顔器などを使用して

肌の弾力を取り戻す方法も有効です。




また、毎日表情筋トレーニングを

行うことによって表情筋が鍛えられ、

ほうれい線も薄くなります。




顔のリンパマッサージをすることで

顔が上がり、ほうれい線もあがって

薄くなっていきます。



先日、テレビに出ていたトレーナーさんが、

首の筋肉を鍛えると、

顔のたるみを支えられるので、

ほうれい線が上がると言っていました。




二重あごも解消されるようですよ。



大切なのは毎日続けらる事です。




ご自分に合った方法を選んで、

ほうれい線を持ちあげられるように実践しましょう!!



ほうれい線があがる方法はあるの?